2018年2月5日月曜日

高雄の安ホテル


ワンルームタイプで一泊2000円台でした。タイやベトナムでは1000円台のホテルもあったのですが、台湾はその倍の値段です。台湾は沖縄より暖かいだろうと思っていたのですが、今年が特別に寒いのかもしれませんが、天気が悪い日は寒いです。

部屋のエアコンのリモコンに「暖房」の文字が無いので、どうやら冷房専用のようで、ホテルの人に筆記で「冷機、暖機」と確かめると、すぐ通じたようで「高雄は暖房が無い」とか言ってました。台湾語は聞くのも話すのも無理なので漢字が便利です。

台湾の南部だと、安い賃貸アパートを借りれば、長期滞在や移住には向いてる気もするのですが、冬場、沖縄より少し暖かいくらいの気候で、物価が日本の8割で、街も日本と同じくらいの環境、と考えると、移住する意味有るのかいな、とも思えてきます。

台湾の人は親日だともいいますが、年配の人は戦争とかを体験した親の影響で日本語をしゃべる人が多く、若い人はおそらくアニメやアイドルを通じての親日なので、この先、台湾は国としては中国大陸側に吸収されてしまうかもしれず、どこの国が親日か反日か分類するのも無意味に思えてきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿