2018年2月21日水曜日

ひげ剃り(ES6801P)とリチウム電池の謎


以下、マニアックな内容なので読み飛ばしてください。

おっさんの場合、旅行に行く時にひげ剃りが必要なのだが、荷物の重さや大きさや電源を考えるのと、ギリギリまで荷物を減らすにはこのような電池式が都合が良い。回転式なので振動もほとんど無い。

ナショナルの小型の物が軽くて小さくて良いのだがリチウム電池を使っているところに大きな問題があった。
使い捨てのリチウム電池は1ヶ月位持つのだが、ある時、旅先のバンコクで電池が切れてしまい近くのスーパーやカメラ屋や電気屋を回ったが同じ形の電池がどこにも売っていなかった。1つのコンビニだけに売っていたが日本円で1500円ほどしていて新品のひげ剃りが買える値段だった。

そこで、充電式のリチウム電池にしたほうが経済的だと考えたが、この機種のリチウム電池はCR123Aという3V仕様で、一般に売っている充電池は3.6Vで、3Vの物は特殊でほとんど売っていないようで、充電器も専用の物が要るらしい。(3V仕様はLiFePO4という燃えにくい電極材料を使ったリチウム電池らしい)

3.6Vの物を入れてみたら保護回路が働くのかモーターが止まってしまうのである。
やっと3Vのものをアマゾンで見つけて購入したら、CR2というサイズが小さい物だった。

そしてついに3V仕様でサイズが同じ物をやっと見つけたわけである。
次にひげ剃り本体の替刃というのがこれもけっこう高くて1000円以上して、本体ごと新品を買っても2000円くらいなのである。(アマゾンでは値段が少し高い)

そこで新品を買ったら、この機種は改良されたのか3.7Vのリチウム電池でも動くのである。
ブランド名のナショナルがパナソニックになってるだけの違いなのだが。

この写真は、左から、その電池探しの歴史を記録したものである。

というか単4乾電池2本にしてくれれば軽くて便利で経済的なのだが。
(以前はそういう製品が有ったのだが廃止されたようだ)


2018年2月20日火曜日

台湾 コンビニカフェ


台湾のコンビニはセブンイレブンとファミリーマートが多いようで、日本と同じようにレジでドリップコーヒーが買えて、小さなテーブルもあるので店内で飲食できます。
コーヒーの値段も100円くらいでした。

写真中央のは日本ではあまり見かけない乾燥イチジクですが、台湾茶のお茶うけにも合います。
「買1送1」と書いてあり、レジで「1袋買うと1袋無料だ」と言われたのですが、もう1袋買えという意味かと思ったら、1袋の値段で2つ買えるという意味でした。中国語で「送」というのがたぶん「サービス」という意味のようです。

台湾は高い物は日本と同じか、それ以上しますが、安いほうは日本の八割くらいの物価なので、安食堂とコンビニさえあれば貧乏人でも台湾で暮らしていけそうです。



2018年2月18日日曜日

博愛座


日本で「優先座席」といわれる席は台湾では「博愛座」というようです。
そろそろ座らせてもらってもいいような年齢と体力気力になってきました。

LCCだと、機内持ち込み手荷物1個(+小さいバッグ)までが無料の場合が多いので、バックパックのほうが便利かと思いましたが、長時間歩いていると肩に食い込んでかなり疲れてくるので、やはり小型のキャリーバッグのほうが楽な気がしてきました。

飛行機が満席の時は、頭上の収納棚が一杯で入れる場所が無かったりするのですが、CAさんがなんとか空きを作って押し込んでくれるみたいです。

2018年2月16日金曜日

カートゥーンレンダリング


登場人物の顔とかは手描きのほうが早くて表情も出しやすいが、背景の建物や乗り物はアングルを正確に描くのも難しいし数が増えてくるとお手上げである。
ということで、人物は手描き、背景は3DCGにするしかないかもしれない。標準でセルアニメのような質感に色を塗るモードもあるので、まあこれでええか。最近のテレビアニメなどでもこういう手法は多いが、人物と背景のあいだに違和感があるのでなんとかしないといけない。

しかし、あと2年でなにがしかの作品を仕上げないといけないが、体力も気力もどんどん無くなってくるので途中で挫折する気配も。

2018年2月15日木曜日

台湾のSIMカード


台湾の通信会社は「中華電信」「台湾大哥大(タイワンモバイル)」などがあるようで、空港にも窓口があり、パスポートの提示でSIMを購入できます。どこの会社も1週間使えるタイプで500元くらいでした。
4G(LTE)に対応してるようですが持っていたスマホは3G対応なので速度には期待しませんでした。



台北空港の通信会社の窓口。どこの会社のSIMにするか迷いましたが「中華~」と「台湾~」とで名前のイメージから「台湾モバイル」のほうにしました。台北でも高雄でも普通に使えました。

2018年2月14日水曜日

台湾のプリペイドカード「EASYCARD」(悠遊カード)


台湾の交通機関を使う時に割引になって便利なのがEASYCARD「悠遊(ゆうゆう)カード」というプリペイドカード。どこで売っているのか看板とかポスターが無かったのでわからなかったのですが、セブンイレブンでたずねてみるとカウンターで販売していて、そこでチャージもできるようです。値段は100元+希望するチャージ金額のようです。
スイカとかイコカと同じように改札機でタッチして通過できます。

券売機でもカード購入はできるらしいです。


改札の通過時に残高がいくらあるのか見にくかったのですが、駅の窓口の近くに残高チェックの端末があり、それに置くと残高が表示されます(日本語表示モードもあります)


2018年2月13日火曜日

高雄85


高雄市にある85階建て高層ビル。特徴的な凸型のシルエットをしています。
MRT(地下鉄)紅線、三多商圏駅 の近くにあります。
高さでは「台北101」に負けています。
海側から撮影すれば全体が見れて良かったのですが、寒さと疲れでそこまで歩く気力がありませんでした。

高雄の地下鉄は、紅線とか橘線とかがあり、それぞれレッドとオレンジの色の意味なのですが、地図で見ると朱色と黄色にも見え、黄色と橙と橘と朱と紅と赤色って微妙な違いになってくると色の区別が付きません。ややこし。

2018年2月11日日曜日

zizy101 建設計画


人工知能搭載巨大ロボ「ジジイ1号」の成功により富を築き上げたリン博士は、西暦2150年、街の中央にジジイ101本社ビルの建設を計画した。そして街を「ジジイタウン」と命名し、ここにすべての経済、金融の機能を集約させた。これはリン博士とジジイ1号による闇プロジェクトの序章であったのだ。

台湾茶セット


九份の茶藝館の台湾茶セット。淹れ方の手順が覚えられませんが、緑茶の時より熱いお湯を使って一度の茶葉で何回もお茶が出せるようです。緑茶より味がマイルドで香りの種類が豊富なようです。